ダル3勝目ならず…球が走り“与四球王”の課題克服の兆しも

公開日: 更新日:

 前日までメジャーの与四球王だったダルビッシュ有(32)が、ようやく復調気配だ。

 日本時間16日、敵地シンシナティのレッズ戦に先発。5回3分の1を投げて5安打2失点、11奪三振で与えた四球はゼロだった。勝ち投手の権利をもって降板したものの、チームは延長十回にサヨナラ負け。3勝目(3敗)は逃した。

「きょうはカッターが良かった。速球やスライダーはあまり良くなかったけど、自分を信じて投げよう、四球を出してもいいと思って一生懸命投げた」

 とは試合後の本人。前日まで33与四球はメジャーワースト。開き直って投げた結果が無四球につながったようだが、だからといって制球難が完全に解消されたかといえばそうではない。

 この日は六回途中で102球。全盛時のダルであれば7、8回は投げる球数だ。カッターや多彩な変化球で三振の山を築きながら、ボール球の多さは相変わらず。課題の制球難が完全に解消されてこその復活だろう。

 ドジャースの前田健太(31)はこの日のパドレス戦に先発。6回3分の2を3安打12奪三振無失点と、危なげない投球を披露した。打っては二回に先制の2点適時打を放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る