ダル3勝目ならず…球が走り“与四球王”の課題克服の兆しも

公開日: 更新日:

 前日までメジャーの与四球王だったダルビッシュ有(32)が、ようやく復調気配だ。

 日本時間16日、敵地シンシナティのレッズ戦に先発。5回3分の1を投げて5安打2失点、11奪三振で与えた四球はゼロだった。勝ち投手の権利をもって降板したものの、チームは延長十回にサヨナラ負け。3勝目(3敗)は逃した。

「きょうはカッターが良かった。速球やスライダーはあまり良くなかったけど、自分を信じて投げよう、四球を出してもいいと思って一生懸命投げた」

 とは試合後の本人。前日まで33与四球はメジャーワースト。開き直って投げた結果が無四球につながったようだが、だからといって制球難が完全に解消されたかといえばそうではない。

 この日は六回途中で102球。全盛時のダルであれば7、8回は投げる球数だ。カッターや多彩な変化球で三振の山を築きながら、ボール球の多さは相変わらず。課題の制球難が完全に解消されてこその復活だろう。

 ドジャースの前田健太(31)はこの日のパドレス戦に先発。6回3分の2を3安打12奪三振無失点と、危なげない投球を披露した。打っては二回に先制の2点適時打を放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る