佐々木朗希と今年契約を結ぼうとしたメジャー球団がある

公開日: 更新日:

 メジャーの「事前登録制度」が15日(日本時間16日)、締め切られた。

 1995年9月以降に生まれた海外アマチュア選手を獲得する場合、その年の5月15日までに出生証明書や親権者の承諾書などを大リーグ機構(MLB)に提出しなければならない。本来は中南米選手の年齢詐称を防止するのが目的だが、日本の選手も対象だ。高校生の場合、国内外のプロ球団は原則、夏の甲子園大会終了まで選手との接触を禁じられている。

 出生証明などの個人情報を取得する行為は「タンパリング(事前交渉)」にあたるから、夏の甲子園を目指す高校生が、卒業と同時にメジャーに挑戦することは事実上、不可能だ。事前登録制度に関してなぜ、長々と説明したかといえば、あるメジャー球団がこの制度を利用して佐々木朗希(岩手・大船渡高)と7月にも契約を結ぼうと試みたフシがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る