巨人は痛い1敗…エース菅野離脱と“天敵”東の蘇生でWパンチ

公開日: 更新日:

巨人にとってこの日の試合は大事でした」

 OBで評論家の橋本清氏がこう言った。22日のDeNA戦。巨人打線は相手先発の東に六回途中1失点と好投を許したのだが、

「巨人は昨年、東に6戦5敗とコテンパンにやられました。左ヒジを痛めたその天敵を今季初登板となった6日の試合で3回8得点でノックアウトしており、2回目の対戦となったこの日も攻略できれば、東に苦手意識を植え付けることができたのですが……」

 というわけだ。

「東の投球の軸となるのは直球とスライダー、それに決め球のチェンジアップです。それに対してこの日の巨人打線は真っすぐを打つのか、スライダーを打つのか、打者の狙い球がはっきりしない印象で、ワンバウンドのボール球に手を出すシーンも散見された。チーム全体で攻略しようという意識が希薄に見えてしまったのが残念でした。東はこれで自信を取り戻したと思う。天敵を蘇生させてしまったとすれば、巨人にとっては痛い敗戦です」(橋本氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る