巨人菅野“腰の爆弾”の深刻度…OB投手は早期復帰に疑問符

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(29)が21日、腰の違和感で出場選手登録を抹消された。

 故障による二軍落ちは2016年8月に左足親指負傷で抹消となって以来、3年ぶりのこと。22日のDeNA戦に先発予定だったが、20日にブルペン入りした際に痛めたという。原監督は雨天中止となったひたちなかで報道陣に対応し、「腰の違和感というか、1回抹消して様子を見ようということ。そんな重症ではないと聞いているが、明日の登板はちょっと難しいということで、それなら抹消しようと。(10日間で復帰?)僕は分かりません。神のみぞ知るでしょう。しっかり治して早くなればいい」と説明した。

 最近はらしくない投球が続いていた。前回15日の阪神戦でプロ入り初の2ケタ失点となる自己ワーストの10失点。プロ入り後初めて4本塁打を浴び、六回途中11安打で降板していた。今季浴びた13本塁打は12球団ワースト。昨季まで2年連続で沢村賞を受賞しているが、7年目の今季は8試合に登板し、リーグトップタイの5勝(3敗)、同トップタイの2完投ながら、防御率は4・36で規定投球回数到達者でワースト2位だった。「明らかに疲労。ここ数年、投げさせ過ぎです」と元巨人投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る