巨人菅野“腰の爆弾”の深刻度…OB投手は早期復帰に疑問符

公開日: 更新日:

 巨人の菅野智之(29)が21日、腰の違和感で出場選手登録を抹消された。

 故障による二軍落ちは2016年8月に左足親指負傷で抹消となって以来、3年ぶりのこと。22日のDeNA戦に先発予定だったが、20日にブルペン入りした際に痛めたという。原監督は雨天中止となったひたちなかで報道陣に対応し、「腰の違和感というか、1回抹消して様子を見ようということ。そんな重症ではないと聞いているが、明日の登板はちょっと難しいということで、それなら抹消しようと。(10日間で復帰?)僕は分かりません。神のみぞ知るでしょう。しっかり治して早くなればいい」と説明した。

 最近はらしくない投球が続いていた。前回15日の阪神戦でプロ入り初の2ケタ失点となる自己ワーストの10失点。プロ入り後初めて4本塁打を浴び、六回途中11安打で降板していた。今季浴びた13本塁打は12球団ワースト。昨季まで2年連続で沢村賞を受賞しているが、7年目の今季は8試合に登板し、リーグトップタイの5勝(3敗)、同トップタイの2完投ながら、防御率は4・36で規定投球回数到達者でワースト2位だった。「明らかに疲労。ここ数年、投げさせ過ぎです」と元巨人投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る