代理人ボラスはドラフト直前の今がまさに売り時と考えた

公開日: 更新日:

「スチュワートと(代理人の)ボラスは、来る時に魅力的なFA選手になるべく、ギャンブルをしている」

 先日、米ニューヨーク・ポスト紙はこう書いた。ソフトバンクとの契約が秒読み段階に入ったスチュワート(19=東フロリダ州立短大=顔写真)。米メディアはソフトバンクが6年総額700万ドル(約7.7億円)を上回る条件を提示したと報じた。

 スチュワートは昨年のドラフトでブレーブスから1巡目(全体8位)指名されたが、身体検査で手首の問題が発覚。450万ドル(約5億円)とみられていた契約金は200万ドル(約2.2億円)に抑えられたという。これを不服としたスチュワートは、強気で知られるスコット・ボラス氏と代理人契約を結び、入団を拒否した。

 これがソフトバンク入りの契機となった。かねてボラス氏は、米国のみならず、中南米選手を含めたアマ選手を日本に売りこもうとしていた。昨年のウインターミーティングでも、ジャパン・タイムズの取材に「日本球界は今以上に、アメリカのアマ選手に関与すべき」と語ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る