19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

公開日: 更新日:

 なぜこんな大物を、しかも日本球界が米球界から獲得することができたのか。

 22日、ソフトバンクが昨年のMLBドラフトでブレーブスから1巡目(全体8位)指名を受けたカーター・スチュワート(19=東フロリダ州立短大)と契約合意に達したと、複数の米メディアが報じた。ESPNによると、6年総額700万ドル(約7・7億円)を上回る条件という。

 かつて、全米ドラフトで1位指名された選手がプロ入り前に日本にやってきたケースはなかった。しかも、このスチュワートは6月のMLBドラフトでも上位指名が確実視されていた。

 そもそも日本球界は米球界の言いなりだ。2013年、日米間でポスティングシステムの新制度を作成する際、日本は米国に破談を迫られ、慌てふためいた。結果、青天井だった入札金の上限を2000万ドル(約22億円)とする米国案をのまざるを得なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る