小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

「ドラフト候補左腕を攻略したい」…私は沖縄へ飛んだ

公開日: 更新日:

「夏にドラフト候補の左投手を攻略したい」

 2016年夏の甲子園で1勝した際に指導した嘉手納の大蔵監督の依頼を受け、先週末、沖縄に飛んできた。

 嘉手納は昨秋、沖縄大会準決勝で興南に0―4で敗れ4強だった。今春の沖縄4強校が、それぞれセンバツベスト4の明石商と招待試合を行う。そこで来月開幕する夏の県大会へ向け、春の沖縄王者で九州大会準優勝の興南を分析して欲しいとのことだった。

 沖縄はなかなか県外との練習試合が組めない土地柄だ。すでに3月に横浜と招待試合を実施。さらに来月には日大三との試合が予定されているように、県を挙げて強化に取り組んでいる。

■興南・宮城のズバぬけた技術

 興南と明石商の試合は1―2。興南は沖縄では頭一つ抜けている。原動力となっているのは、プロ注目の左腕・宮城である。明石商相手に5回で9三振を奪った好投手。MAXは149キロで常時140キロ以上の球威がある。投球フォームはクロスステップ気味で踏み出した右足が突っ張り気味。決して良くはないことだが、リリース時の感覚がいいのだろう。コントロールが抜群にいい。スライダーやチェンジアップといった変化球もキレがある。何より牽制がズバぬけてうまい。ドラフト候補に挙げられる総合力の高い左腕で、最近では桐光学園時代の松井(現楽天)といい勝負か、少し落ちるかというレベルである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る