評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

公開日: 更新日:

 大船渡の佐々木朗希(3年)が18日に行われた春季大会の釜石戦で一球も投げずに初戦敗退したことで、プロ球界に波紋が広がっている。

 佐々木は4番・右翼でスタメン出場したものの、投球練習すらしなかった。複数のプロのスカウトによると、4月のU18合宿の紅白戦で163キロをマークした後、何らかの異変が起きている可能性があるという。西日本の球団のスカウトがこう言う。

「練習試合などで140キロ程度に力を抑えて投げている姿は、肩肘をかばっているようには見えなかったが、国保監督は登板に関して佐々木の意向を尊重していると聞く。国保監督は佐々木のワンマンチームにしたくないと言うが、佐々木個人の体の状態についてはハッキリしないことが多く、疑念も生じている。大きなケガをしていれば、野手としても起用しないにせよ、投げさせたくても投げられない状態だったのではないか。肩肘の違和感など、何かしらの懸案事項を抱えている可能性は否定できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る