泥沼ヤクルトの元凶…リリーフ酷使の“働き方改革”が急務

公開日: 更新日:

 2週間も勝利から遠ざかっている泥沼11連敗中のヤクルト。26日の中日戦では15日以来8試合ぶりに先制点を奪い、青木、山田、バレンティンの3者連続本塁打が飛び出しながら逆転負け。絶望感の漂う一戦だった。

 投打の歯車がかみ合わないチームにあって、中でも深刻なのが昨季も問題視されてきた救援投手陣のフル回転だ。今季はここまで、ハフ、マクガフが共にリーグ最多の25試合に登板。五十嵐、梅野、近藤がリーグ7位の22試合と続き、登板数トップ10のうち5人をヤクルトが占めている。

 リリーフ陣は昨季も馬車馬のように働いた。近藤は両リーグ最多の74試合に登板。抑えの石山は71試合を任され、登板過多の影響か今季5月に上半身のコンディション不良で離脱した。

 昨オフ、トレードで日本ハムに移籍した秋吉も、ヤクルトでは投げまくった経験を持つ。2015年は74試合、16年も70試合に登板。昨季は不調で35試合にとどまった。その秋吉は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  10. 10

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る