泥沼ヤクルトの元凶…リリーフ酷使の“働き方改革”が急務

公開日: 更新日:

 2週間も勝利から遠ざかっている泥沼11連敗中のヤクルト。26日の中日戦では15日以来8試合ぶりに先制点を奪い、青木、山田、バレンティンの3者連続本塁打が飛び出しながら逆転負け。絶望感の漂う一戦だった。

 投打の歯車がかみ合わないチームにあって、中でも深刻なのが昨季も問題視されてきた救援投手陣のフル回転だ。今季はここまで、ハフ、マクガフが共にリーグ最多の25試合に登板。五十嵐、梅野、近藤がリーグ7位の22試合と続き、登板数トップ10のうち5人をヤクルトが占めている。

 リリーフ陣は昨季も馬車馬のように働いた。近藤は両リーグ最多の74試合に登板。抑えの石山は71試合を任され、登板過多の影響か今季5月に上半身のコンディション不良で離脱した。

 昨オフ、トレードで日本ハムに移籍した秋吉も、ヤクルトでは投げまくった経験を持つ。2015年は74試合、16年も70試合に登板。昨季は不調で35試合にとどまった。その秋吉は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る