阪神監督にあるか 高卒2年目を使うヤクルトの勇気と指導力

公開日: 更新日:

 ヤクルト高卒2年目の村上宗隆(19)は四回無死一塁から阪神先発青柳の投じた外角低めのシュートを強振。持ち前のパワーで左翼席中段に軽々と運んだ。チーム単独トップの9号2ランである。

 一方、守備では六回2死二塁から梅野の平凡なゴロに対し、上からグラブをかぶせるという、まるで少年野球のようなミスでまさかのトンネル。打ち取ったブキャナンは怒りを噛み殺し、ベンチの宮本ヘッドは今季6個目の失策に呆れ顏を見せていたが、拙守を承知で一、三塁で併用しているのは「将来の4番に」と期待してのこと。打率こそ.243と物足りないものの、24打点はリーグ2位タイ。

 そんな村上を阪神ベンチはどう見ていたか。

 村上には前回対戦の4月16、18日にも一発を浴びている。打力の弱いチームには魅力的な選手に違いないが、村上がタテジマのユニホームを着ていれば果たして一軍のゲームに出ているだろうか。生きのいい若手を抜擢しても結果が出なければすぐに代えるチームだ。ましてや、ポロポロやって投手の足を引っ張る若手を使い続けるだけの勇気や育てる指導力があるかどうか。

 それとも矢野監督は「うちには我慢しても使いたくなるような選手はいない」とでも言うか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  10. 10

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

もっと見る