2度の同点劇に貢献 ヤクルト村上は高卒でもキャラは超大物

公開日: 更新日:

 デカイのは体だけではない。

 高卒2年目でレギュラーに定着したヤクルト村上宗隆(19)。188センチ、97キロの大型内野手はチームトップの9本塁打を放ち、10代では金田正一らを抜いて球団最多を更新した。

 8日の阪神戦では八回に同点犠飛、1点ビハインドで迎えた延長十二回には死球を受けながら盗塁。次打者の中村悠が二塁打を放ち、引き分けに持ち込む同点の本塁を踏んだ。

 ルーキーイヤーは二軍で研さんを積み、昨季はファームで17本塁打(イースタン2位)。「清宮世代」のブレーク候補筆頭といわれているが、周囲が面食らったのは打撃力だけではなかった。

 ある日の神宮球場。クラブハウスから出てきた村上は、親よりも年上の杉村巡回コーチのお腹を笑顔でさすっていた。突き出たウエストを19歳にイジられた61歳の名伯楽は「スイングスピードだったりパワーだったり、持っているものは素晴らしいものがある。アイツは大物になるよ」と太鼓判。タイミングを外されて打撃フォームを崩す村上に、体の軸がブレないスイングを反復練習させた。日頃から練習に付き添い、キャンプや早出練習で二人三脚を続けてきた信頼関係があってこその“悪ノリ”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る