三沢氏昇格で投手Cは3人体制…問われるG原監督の任命転嫁

公開日: 更新日:

 巨人は5月31日、三沢興一ファーム投手コーチ(44)を一軍投手コーチに配置転換すると発表した。一軍は宮本投手総合コーチ、水野投手コーチの2人から3人体制になる。宮本、水野両コーチはベンチ、三沢コーチはブルペンを担当する。

 配置転換を行うことで投手陣の強化を図る狙いがある。が、カンフル剤の効果はなく、31日の中日戦は先発のドラフト1位ルーキー高橋がプロ入りワーストとなる6失点でKOされ、大敗を喫した。巨人は49試合を終え、チーム防御率は3.87でリーグ5位。ここ8試合で48失点と先発、救援陣ともに苦しい状況が続いている。

 原監督は第2次政権時の2014年、ちょうどこの時期に村田真一打撃コーチにバッテリーコーチの役割を兼務させ、吉原バッテリーコーチをブルペン担当に変更したことがある。

「この時もバッテリー部門の強化が目的だった。直前の広島3連戦で、その直近3試合で無安打だった主砲のエルドレッドに3連戦3本塁打と打たれまくった。原監督は各チームの中軸打者に打たれていることを問題視。懲罰的な配置転換だった。翌15年夏にはチーム全体で走塁ミスが目立ったため、三塁ベースコーチを勝呂内野守備走塁コーチから川相ヘッドに代えた。チーム状態が悪くなった時の原監督の常套手段でもあります」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る