三沢氏昇格で投手Cは3人体制…問われるG原監督の任命転嫁

公開日: 更新日:

 巨人は5月31日、三沢興一ファーム投手コーチ(44)を一軍投手コーチに配置転換すると発表した。一軍は宮本投手総合コーチ、水野投手コーチの2人から3人体制になる。宮本、水野両コーチはベンチ、三沢コーチはブルペンを担当する。

 配置転換を行うことで投手陣の強化を図る狙いがある。が、カンフル剤の効果はなく、31日の中日戦は先発のドラフト1位ルーキー高橋がプロ入りワーストとなる6失点でKOされ、大敗を喫した。巨人は49試合を終え、チーム防御率は3.87でリーグ5位。ここ8試合で48失点と先発、救援陣ともに苦しい状況が続いている。

 原監督は第2次政権時の2014年、ちょうどこの時期に村田真一打撃コーチにバッテリーコーチの役割を兼務させ、吉原バッテリーコーチをブルペン担当に変更したことがある。

「この時もバッテリー部門の強化が目的だった。直前の広島3連戦で、その直近3試合で無安打だった主砲のエルドレッドに3連戦3本塁打と打たれまくった。原監督は各チームの中軸打者に打たれていることを問題視。懲罰的な配置転換だった。翌15年夏にはチーム全体で走塁ミスが目立ったため、三塁ベースコーチを勝呂内野守備走塁コーチから川相ヘッドに代えた。チーム状態が悪くなった時の原監督の常套手段でもあります」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る