球宴中間発表セ一塁手1位 G岡本は“たらい回し”で左翼に?

公開日: 更新日:

「マイナビオールスターゲーム2019」のファン投票の第1回中間発表が27日、行われた。

 巨人では一塁手部門で岡本和真(22)、遊撃手部門で坂本勇の2人がトップ。ファン投票で3人が選出される外野手部門で丸が2位に入った。

 打線を引っ張る2~4番が順当に選ばれそうだが、最近の岡本は一塁ではなく、三塁に入るケースが多い。25日の広島戦では試合途中で一塁から三塁へ。翌26日は三塁で先発している。

 そもそも原監督はオフに「岡本は4番・三塁」と明言していた。それが開幕前になると、「基本は一塁固定」と前言撤回。そして今になって、一塁で打撃のいい捕手の大城らを使うため、三塁へ回る。第89代4番打者だろうがお構いなし。要するに、たらい回しになっているのだ。

 27日現在、リーグ6位の32打点、同9位タイの9本塁打ながら、打率.250と開幕からいまひとつ波に乗り切れないのは、「4番なのにポジションを固定してあげないから」(あるOB)と指摘する声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    敗れた阿炎も術中に?横綱白鵬は“ぬるぬる胸”が隠れた武器

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る