原Gは5月負け越し 虎前監督の“秘蔵っ子”左腕にコテンパン

公開日: 更新日:

 なるほど、あの鉄人がことさら目をかけていただけのことはある。

 30日の阪神戦。巨人が2年目左腕、高橋遥人(23)にコテンパンにされた。7回で打った安打はわずかに4。2度の3者連続を含む9三振を奪われた。二回に大城が2ランを放った以外、伸びのある最速147キロの直球と切れ味鋭いカットボールの前に、ほとんど手も足も出なかった。

 試合後の原監督は、1安打2三振に終わった岡本と、4打点と活躍した相手の大山とを比較し、「4番バッターがね。抑える、抑えられるでゲームは大きく左右される。そこが如実に出た」と厳しい表情。前日のサヨナラ満塁弾負けに続いて、阪神には6年ぶりの4連敗となり、5月の月間負け越しも決まった。

 高橋遥は一昨年のドラフト2位で阪神に入団。1年目の昨季は4月に一軍初登板を果たし、チームのルーキーとしては59年ぶりとなる甲子園先発デビュー勝利を挙げた。

「6月に左肩を痛めてそのままシーズンを終えることになってしまいましたが、この高橋遥にゾッコンだったのが前監督の金本です。新人合同自主トレの段階から、『すごいわ。ど真ん中に回転のいいボールがドーン! あれ、打てないよ』と絶賛。枠の関係でキャンプは二軍スタートになったものの、その後は取材に来るOBや評論家をつかまえては、『すごいのがおるんよ。あんなピッチャー、見たことない』と宣伝しまくっていたほどでした」(阪神OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    山川穂高謹慎で電撃トレードの現実味…ジリ貧の西武が狙う巨人、阪神の“野手5人”の名前

    山川穂高謹慎で電撃トレードの現実味…ジリ貧の西武が狙う巨人、阪神の“野手5人”の名前

  3. 3
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  4. 4
    田中美佐子に香坂みゆき…Over60で夫と別れる「熟年離婚」過去最高の背景にあるもの

    田中美佐子に香坂みゆき…Over60で夫と別れる「熟年離婚」過去最高の背景にあるもの

  5. 5
    Bクラス巨人あるぞ電撃トレード第2弾 他球団から人気の松原聖弥が突然一軍昇格の意味深

    Bクラス巨人あるぞ電撃トレード第2弾 他球団から人気の松原聖弥が突然一軍昇格の意味深

  1. 6
    坂東玉三郎“本興行から距離を置く”発言の衝撃…近づく歌舞伎界崩壊の足音

    坂東玉三郎“本興行から距離を置く”発言の衝撃…近づく歌舞伎界崩壊の足音

  2. 7
    “投壊”原巨人の補強はまだ序の口…喉から手が出るほど欲しい元ドラ1「本命投手の名前」

    “投壊”原巨人の補強はまだ序の口…喉から手が出るほど欲しい元ドラ1「本命投手の名前」

  3. 8
    工藤公康氏が狙うは侍Jより巨人監督の座か…球界の盟主に初の「外様」指揮官招聘の動き

    工藤公康氏が狙うは侍Jより巨人監督の座か…球界の盟主に初の「外様」指揮官招聘の動き

  4. 9
    梅宮辰夫は立候補…カルーセル麻紀の処女を奪った男の真相

    梅宮辰夫は立候補…カルーセル麻紀の処女を奪った男の真相

  5. 10
    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず