打点トップも失策ワースト…燕・村上を支える意外な人物は

公開日: 更新日:

 攻守の「温度差」は埋まるか。

 プロ2年目で主軸を任されているヤクルト村上宗隆(19)。先月29日には10代の4番打者として清原和博以来32年ぶりの一発を放った。

 リーグ3位の15本塁打を誇る打撃力の一方で、11失策はリーグワースト。三塁手は開幕10試合目で一度“剥奪”されたが、今は一塁手と兼任する日が続いている。本人も「守備で迷惑をかけている」が口癖。いくらバットで結果を残しても、守りでミスをした日は反省の弁を繰り返す。当然、練習でも守備に時間を割いている。それでもお粗末な守備は、相変わらず宮本ヘッドコーチの顔をしばしば曇らせ、投手陣のリズムを狂わせる。

 悩める19歳をフォローしているのは、意外にも“専門外”の石井投手コーチだった。きっかけは村上のエラーで投手が点を失い、村上から「すいません!」と謝罪されたことだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る