打点トップも失策ワースト…燕・村上を支える意外な人物は

公開日: 更新日:

 攻守の「温度差」は埋まるか。

 プロ2年目で主軸を任されているヤクルトの村上宗隆(19)。先月29日には10代の4番打者として清原和博以来32年ぶりの一発を放った。

 リーグ3位の15本塁打を誇る打撃力の一方で、11失策はリーグワースト。三塁手は開幕10試合目で一度“剥奪”されたが、今は一塁手と兼任する日が続いている。本人も「守備で迷惑をかけている」が口癖。いくらバットで結果を残しても、守りでミスをした日は反省の弁を繰り返す。当然、練習でも守備に時間を割いている。それでもお粗末な守備は、相変わらず宮本ヘッドコーチの顔をしばしば曇らせ、投手陣のリズムを狂わせる。

 悩める19歳をフォローしているのは、意外にも“専門外”の石井投手コーチだった。きっかけは村上のエラーで投手が点を失い、村上から「すいません!」と謝罪されたことだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る