昨季交流戦は最高勝率 再現狙うヤクルトはリリーフが命綱

公開日: 更新日:

 トンネル脱出後の初戦は黒星スタートとなった。

 4日に幕を開けた交流戦。さる2日に泥沼の16連敗から脱したばかりのヤクルトは延長戦の末、日本ハムにサヨナラ負けを喫した。

 昨季は交流戦で最高勝率をマークし、セ・リーグで唯一勝ち越した(12勝6敗)。実はヤクルト、昨季も交流戦前まではリーグ最下位。それが怒涛の追い上げを見せ、2位に急浮上した。

 そんなデータが「昨季の再現」とファンに期待を抱かせる。が、さっそく出はなをくじかれたこの日は、チームを象徴する展開の連続だった。まずは先発の高梨が四回でノックアウト。その後、6人のリリーフ陣をつぎ込み、五回に近藤が中田にソロ本塁打を浴びると、七回にはハフが再び中田に同点2ランを食らった。

 ヤクルトの先発防御率は5点台とリーグでダントツに悪い。そのしわ寄せが中継ぎに飛び火し、登板過多に。ハフ(29試合)、マクガフ(同28)、五十嵐(同25)、近藤(同25)、梅野(同24)と20試合超えが5人。1カ月間離脱していた石山もすでに17試合に登板している。この日も交流戦初戦とあってフル回転だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る