日ハム輝星“聖地”甲子園で一軍合流…阪神の複雑胸中とは

公開日: 更新日:

 7日の阪神戦(甲子園)から一軍に帯同する日本ハム吉田輝星(18)が6日、二軍施設の鎌ケ谷で調整を行った。

 一軍昇格テストとなった4日の二軍巨人戦で3回6失点と打ち込まれ、本人は「不合格」を覚悟していたそうだが、プロ初登板となる12日の広島戦ではこれまでと同様、速球で押す投球スタイルで臨む。まずは甲子園遠征の3日間で一軍の雰囲気を掴み、デビュー戦に向かうことになる。

 吉田は昨夏の甲子園で金足農旋風を巻き起こした。一時は甲子園での一軍デビューも検討されていたが、5月中旬にウイルス性胃腸炎になったことで可能性が消滅した。関西の放送関係者が言う。

「阪神はホッとしているはずです。2014年には、当時日ハムに在籍していたプロ2年目の大谷翔平(エンゼルス)と甲子園で初対決。高校野球のスター相手に8回1安打11三振とコテンパンにやられた。ファンやマスコミからは、『こんな選手が阪神におったらなあ……』とタメ息が漏れたものです。吉田は成長途上とはいえ、阪神は“初物”に苦戦する傾向がある。しかも日ハムには17年ドラフトでクジを外した2年目の清宮幸太郎や、大阪桐蔭時代に甲子園を沸かせた中田翔もいる。自分の庭で彼らに大暴れされようものなら、赤っ恥もいいところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る