日ハム輝星“聖地”甲子園で一軍合流…阪神の複雑胸中とは

公開日: 更新日:

 7日の阪神戦(甲子園)から一軍に帯同する日本ハムの吉田輝星(18)が6日、二軍施設の鎌ケ谷で調整を行った。

 一軍昇格テストとなった4日の二軍巨人戦で3回6失点と打ち込まれ、本人は「不合格」を覚悟していたそうだが、プロ初登板となる12日の広島戦ではこれまでと同様、速球で押す投球スタイルで臨む。まずは甲子園遠征の3日間で一軍の雰囲気を掴み、デビュー戦に向かうことになる。

 吉田は昨夏の甲子園で金足農旋風を巻き起こした。一時は甲子園での一軍デビューも検討されていたが、5月中旬にウイルス性胃腸炎になったことで可能性が消滅した。関西の放送関係者が言う。

「阪神はホッとしているはずです。2014年には、当時日ハムに在籍していたプロ2年目の大谷翔平(エンゼルス)と甲子園で初対決。高校野球のスター相手に8回1安打11三振とコテンパンにやられた。ファンやマスコミからは、『こんな選手が阪神におったらなあ……』とタメ息が漏れたものです。吉田は成長途上とはいえ、阪神は“初物”に苦戦する傾向がある。しかも日ハムには17年ドラフトでクジを外した2年目の清宮幸太郎や、大阪桐蔭時代に甲子園を沸かせた中田翔もいる。自分の庭で彼らに大暴れされようものなら、赤っ恥もいいところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る