輝星一軍デビューで 日ハム二軍投手陣の闘争心に火が点く

公開日: 更新日:

 7日朝、二軍寮のある鎌ケ谷を出発。プロ入りして初めて訪れた甲子園は、金足農で881球を投げて準優勝した昨夏とは、違った景色に映ったようだ。

「1年前だけど、懐かしかった。新しいチームに来たような、新鮮な気持ちで練習ができた。ファームでやってきた(登板までの)間の過ごし方をし、試合にベストで臨みたい」

 日本ハム吉田輝星(18)は、12日の広島戦で迎える一軍デビュー戦を心待ちにするように、こう話した。

 今はあくまで一軍の雰囲気に慣れるための帯同。あいにくの雨でグラウンドで体を動かすことはできなかったが、室内で行われた練習では、同じくこの日がプロ初の甲子園となる清宮幸太郎(20)と会話を交わすなど、一軍の味を噛みしめた。

 吉田はここまで二軍戦9試合に登板、0勝3敗、防御率4.15。一軍合流前の最終登板となった巨人二軍戦では3回6失点と結果を残せなかったが、栗山監督は「真っすぐの投げっぷりがよかった。戦う姿勢を崩さなかった」と評価。速球の切れ、威力はすでに一軍レベルに達していると判断されており、強力打線と足技、小技を併せ持つ広島相手に、まずは自慢の速球を腕試しすることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る