4安打でセ打率3位に DeNA神里ようやく開花までの紆余曲折

公開日: 更新日:

 遠回りも悪いことばかりではない。

 11日、DeNAの外野手、神里(25)がソロ弾を含む5打数4安打1打点の活躍。ヒーローインタビューでは「タイミングをしっかり取れている」と話した。

 神里は日本生命から2017年ドラフト2位で入団。中大時代から走攻守の三拍子揃った選手と評価は高かったものの、4年時の15年ドラフトではプロ志望届を提出しながら指名はなかった。あるスカウトは「詳しい事情は知らないが、指名されるだけの実力はあった」と、前置きしてこう言う。

「上位指名でないとプロ入りをしない、いわゆる『上位縛り』があったのかもしれません。神里は大学4年春は不調にあえいで、打率2割以下。社会人野球はそうした選手に声をかけ、『卒業後はウチに就職するといい。もし、ドラフトで上位指名されるようなら、ウチを蹴ってもいいから』と勧誘するケースが多い。選手も弱気になっているので、『指名されないかもしれないから……』と承諾しがちです。指名なしはそんな事情ではないか」

 神里は17年のアジア選手権に出場するなど日本生命在籍中にハクをつけ、ドラフトで上位指名。下位指名ではかなわない、契約金7500万円を手にすることができた。もっかリーグ3位の打率.329。タイトルも夢ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  7. 7

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

  10. 10

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る