DeNAラミ監督“非情采配”の波紋…選手との信頼関係をブチ壊し

公開日: 更新日:

 スポーツ紙は「非情采配」と書いている。

 12日の広島戦に1―8と大敗し、借金が今季ワーストの11に膨らんだDeNA。

 物議を醸したのがラミレス監督の選手交代だ。投手のアドゥワに適時打を許し、なおも2死一、三塁とピンチが広がった二回。たまらずベンチを飛び出すと、先発の京山ではなく、捕手の戸柱に交代を命じた。

 試合後、バッテリーの配球に苦言を呈したうえで、「何かを変えないといけなかった」と異例の捕手交代を説明したが、赤っ恥をかかされた格好の戸柱にしてみれば、“話が違うじゃないか”という心境だろう。

 戸柱を「マツダでの成績がいい」と今季2度目のスタメンマスクに抜擢したのは、他ならぬラミレス監督。その指揮官は監督就任時から、「捕手には打撃力と高いIQは求めない。捕って守ってしっかり二塁に送球してくれるだけでいい。試合はベンチからコントロールする」と自身が配球のサインを出すと強調していたのだ。

 結局、捕手を伊藤光に代えても広島の勢いは止められず、三回以降も失点を重ねた。試合後には先発の京山の二軍落ちも決定。後味の悪い敗戦は選手との信頼関係にもいよいよ亀裂を生みそうな気配である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る