悲願メジャーVへ 30歳“安定”ファウラー5アンダーの好発進

公開日: 更新日:

【全米オープン】初日

 会場のグリーンはポアナ芝で、ボールが不規則な転がりをするため1メートル前後のショートパットですらライン読みに神経を使うことで知られる。

 だからジュニア時代からポアナ芝に慣れた米西海岸育ちのプロが有利とみられ、初日5アンダーの好発進を見せたのは地元カリフォルニア出身のリッキー・ファウラー(30)だ。

 米ツアーでは最終日になると卒業したオクラホマ州立大スクールカラーのオレンジ色ウエアを着て、カラフルなファッションも人気を集める。

 すでに米ツアー5勝、世界ランク11位の実力者であり、メジャー大会はマスターズ(2018年)、全米オープン(14年)、全英オープン(同)と2位が3回あり、トップ10入り10回。いつメジャータイトルを手にしてもおかしくないくらい経験が豊富で、パワーランキング(優勝予想)は12位に挙げられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る