アコーディア親会社のOGM買収で日本のゴルフ場はどうなる

公開日: 更新日:

 ゴルフ場大手「アコーディア・ゴルフ」(135コースを保有・運営)の親会社である投資会社MBKパートナーズが、昨年11月14日に国内業界3位の「オリックス・ゴルフ・マネジメント」(OGM=39コース、2練習場を運営)を買収して業界は大騒ぎになった。

 そしてOGMは今年3月1日から、「日本ゴルフマネジメント」に社名を変更してスタート。ところが3カ月もたたない5月7日に「ネクスト・ゴルフ・マネジメント」へと再び社名を変更した。

 同社ホームページを見ると、すでにゴルフ場名からOGMの3文字が消えている。

 そして、新会社の経営陣には、アコーディア・ゴルフのトップだった田代祐子氏と望月智洋氏が就任している。

 望月COOはゴルフ誌「ゴルフ場セミナー」のインタビューに、「1つの会社になることは今は具体的に考えていない」と答えている。だが、アコーディアとネクストのゴルフ場を合わせたら全174コースになり、わが国最大のゴルフ場運営会社が出現する。事業シナジーを発揮でき、スケールメリットを最大限活用するには、会社を分割しておく理由は見当たらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る