巨人V奪回と東京五輪も左右 坂本の腰痛に両指揮官ヒヤヒヤ

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(30)の腰の状態が心配されている。

 16日の日本ハム戦の二回に勝ち越し2点打を放ったものの、四回に四球で出塁した直後、腰の張りのために代走を送られた。原監督は「無理をせずに代えようと。大したことはない」と軽症を強調したが、15日の試合でも終盤に途中交代しており、「坂本は大丈夫なのか?」と他球団をザワつかせているのだ。

 開幕からセ・リーグ新記録の36試合連続出塁。交流戦に入って調子を落としてはいるが、21本塁打はリーグトップ。打率.315、47打点と好水準をキープしている。遊撃で守備の要。主将も務める大黒柱だ。

 今季は中距離打者から長距離砲へ転身したかのように、昨季の18発をすでに超える本塁打を量産している。30歳になり、そんな新たな一面を見せる一方、ゲームセットの瞬間までグラウンドに立っていないケースも目立つ。若い頃から腰痛と付き合っているが、今年はあまり状態が良くないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る