巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

公開日: 更新日:

 エース菅野の相棒は、この日も炭谷銀仁朗捕手(31)だった。

 16日の日本ハム戦に先発した菅野は、初回に先頭打者からいきなり4連打を浴び、3点を失う不安な立ち上がり。しかし、直後の二回に坂本勇の勝ち越し2点適時打など、打線が一挙5点を奪い、逆転に成功した。打線の大量援護をもらった菅野は「カーブとフォークは捉えられていなかった」と炭谷と話し合い、二回以降は変化球主体に切り替え、1安打投球。7回を6安打3失点でリーグトップタイの7勝目(3敗)を挙げた。

 原監督は「(二回以降は)変化球を多めにした。ストライクゾーンを広めに使ったというところ」と及第点。宮本投手総合コーチは「エース復活でよろしいんじゃないでしょうか」とご機嫌だった。

 菅野は腰の違和感から9日のロッテ戦で復帰した際も炭谷とバッテリーを組んだ。これまで菅野の女房役は、同い年の小林誠司捕手(30)と決まっていた。2017年には「最優秀バッテリー賞」を受賞した名コンビでもある。菅野―小林のバッテリーを解体したことについて原監督は「小林もリード面において勉強してるけど、(炭谷)銀ちゃんの方が1枚、2枚まで言わないけど、1枚半上回っている」と説明している。これで新コンビは2連勝となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る