巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

公開日: 更新日:

 エース菅野の相棒は、この日も炭谷銀仁朗捕手(31)だった。

 16日の日本ハム戦に先発した菅野は、初回に先頭打者からいきなり4連打を浴び、3点を失う不安な立ち上がり。しかし、直後の二回に坂本勇の勝ち越し2点適時打など、打線が一挙5点を奪い、逆転に成功した。打線の大量援護をもらった菅野は「カーブとフォークは捉えられていなかった」と炭谷と話し合い、二回以降は変化球主体に切り替え、1安打投球。7回を6安打3失点でリーグトップタイの7勝目(3敗)を挙げた。

 原監督は「(二回以降は)変化球を多めにした。ストライクゾーンを広めに使ったというところ」と及第点。宮本投手総合コーチは「エース復活でよろしいんじゃないでしょうか」とご機嫌だった。

 菅野は腰の違和感から9日のロッテ戦で復帰した際も炭谷とバッテリーを組んだ。これまで菅野の女房役は、同い年の小林誠司捕手(30)と決まっていた。2017年には「最優秀バッテリー賞」を受賞した名コンビでもある。菅野―小林のバッテリーを解体したことについて原監督は「小林もリード面において勉強してるけど、(炭谷)銀ちゃんの方が1枚、2枚まで言わないけど、1枚半上回っている」と説明している。これで新コンビは2連勝となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る