日ハム上沢の左ヒザに打球直撃…投球後もフォームは肝心

公開日: 更新日:

 痛烈な打球が、日本ハム上沢(25)を襲った。

 DeNA1点リードの六回2死の場面で、打席には昨季41本塁打のソト。1ボールから投じたカーブをジャストミートされ、ライナー性の打球が自身の脚めがけて一直線。グラブを出そうとするも間に合わず、左ヒザを直撃した。

 上沢はその場に倒れ込み、悶絶。立ち上がることすらかなわず、担架に乗せられ病院に緊急搬送となった。

 かつて、投球後は即座に捕球体勢に移る投手が多かったが、近年は速くて強いボールを追求するあまり、体が利き手と反対側に流れる投手が多い。上沢のように捕球が間に合わず、ピッチャー返しを食らうケースも少なくない。

 プロ野球は体が資本。ケガをしないためのフォームは投手自身が研究すべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

もっと見る