成否は輝星の活躍に…日ハムが抱える「新球場・新駅」問題

公開日: 更新日:

 鮮烈な一軍デビューの余韻は消えそうにない。

 日本ハム吉田輝星(18)が札幌ドームで広島相手にプロ初登板初勝利を挙げた12日の試合を生中継したTBS系列のHBC北海道放送の平均視聴率が、21.4%をマーク(ビデオリサーチ調べ)。瞬間最高視聴率は吉田がお立ち台でインタビューを受ける場面で28.6%に達した。

■プラス1万人

 登板当日は地元テレビ局が特別態勢を取るなどもり立てただけでなく、吉田の故郷である秋田では2カ所のパブリックビューイングに1200人が集まり、声援を送った。

 登板日は平日だったにもかかわらず、球場周辺には大行列。今季の平日ナイターの観客動員の平均は2万54人だったが、実に3万3563人の大観衆を集めた。かつて日ハムに在籍していたダルビッシュ(カブス)、大谷翔平(エンゼルス)の先発デビュー戦では「プラス1万人」効果があったという。偉大な先輩と同様、絶大な集客力を発揮した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る