成否は輝星の活躍に…日ハムが抱える「新球場・新駅」問題

公開日: 更新日:

 鮮烈な一軍デビューの余韻は消えそうにない。

 日本ハムの吉田輝星(18)が札幌ドームで広島相手にプロ初登板初勝利を挙げた12日の試合を生中継したTBS系列のHBC北海道放送の平均視聴率が、21.4%をマーク(ビデオリサーチ調べ)。瞬間最高視聴率は吉田がお立ち台でインタビューを受ける場面で28.6%に達した。

■プラス1万人

 登板当日は地元テレビ局が特別態勢を取るなどもり立てただけでなく、吉田の故郷である秋田では2カ所のパブリックビューイングに1200人が集まり、声援を送った。

 登板日は平日だったにもかかわらず、球場周辺には大行列。今季の平日ナイターの観客動員の平均は2万54人だったが、実に3万3563人の大観衆を集めた。かつて日ハムに在籍していたダルビッシュ(カブス)、大谷翔平(エンゼルス)の先発デビュー戦では「プラス1万人」効果があったという。偉大な先輩と同様、絶大な集客力を発揮した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る