輝星が“6.23中日戦”先発濃厚で 根尾に一軍デビュー待望論

公開日: 更新日:

「そろそろ一軍を経験させてもいい」

 中日ドラフト1位・根尾昂(19=大阪桐蔭)について、チーム内ではこんな声がある。

 16日、甲子園で行われた阪神との二軍戦で、痛烈なライナーによる中前打を放った。二軍では打率.150前後と結果は出ていないが、昨夏の甲子園決勝以来となる聖地では、14日の同戦でも二塁打を打った。

 根尾はキャンプ直前に右ふくらはぎを肉離れし、キャンプは二軍暮らし。3月のオープン戦で一軍に帯同するも、わずか2試合の出場で、開幕二軍スタートとなった。4月16日の阪神との二軍戦(ナゴヤ球場)の試合中に左手人さし指を8針縫うケガを負い、2週間ほど離脱したものの、開幕当初はポロポロやっていた遊撃守備も含め、ここにきて状態は上向きという。

 そんな中、6月23日に行われる日本ハムとの交流戦で、先日プロ初勝利を挙げた吉田輝星(18=金足農)が先発することが濃厚となった。2人は昨夏の甲子園決勝を戦ったライバルで、その後のU18アジア杯では同じ釜の飯を食い、吉田にアドバイスを送った間柄だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る