大山“虎組織票”でセ三塁中間1位…「夢の球宴」は有名無実

公開日: 更新日:

 毎年のことだが……。

 17日、オールスター(7月12日=東京ドーム、13日=甲子園)の最終中間発表が行われた。票数を見て驚いたのは、セ・リーグの三塁手部門。阪神・大山がヤクルト・村上に4万票近い差をつけてトップに立ったのだ。

 成績だけを見たら、大山の打率.262、9本塁打、41打点に対し、村上は打率.234ながらセ3位タイの18本塁打をマーク。52打点に至ってはリーグトップだ。フツーに考えれば、村上が選ばれてしかるべきだが、甲子園開催による「組織票」が大山を後押ししているに違いない。

 村上は監督推薦など、別の形で選出される可能性はあるものの、他の得票数を見ても、セの先発投手部門は3勝6敗の阪神・西がトップで、6勝3敗の広島・大瀬良が僅差ながら2位というのもおかしな話。パも、故障で二軍調整中のソフトバンク・柳田が外野手部門の3位に入っている。ここまでくると、人気があるというより他に見たい選手がいない、ということの裏返しではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

もっと見る