大山“虎組織票”でセ三塁中間1位…「夢の球宴」は有名無実

公開日: 更新日:

 毎年のことだが……。

 17日、オールスター(7月12日=東京ドーム、13日=甲子園)の最終中間発表が行われた。票数を見て驚いたのは、セ・リーグの三塁手部門。阪神・大山がヤクルト・村上に4万票近い差をつけてトップに立ったのだ。

 成績だけを見たら、大山の打率.262、9本塁打、41打点に対し、村上は打率.234ながらセ3位タイの18本塁打をマーク。52打点に至ってはリーグトップだ。フツーに考えれば、村上が選ばれてしかるべきだが、甲子園開催による「組織票」が大山を後押ししているに違いない。

 村上は監督推薦など、別の形で選出される可能性はあるものの、他の得票数を見ても、セの先発投手部門は3勝6敗の阪神・西がトップで、6勝3敗の広島・大瀬良が僅差ながら2位というのもおかしな話。パも、故障で二軍調整中のソフトバンク・柳田が外野手部門の3位に入っている。ここまでくると、人気があるというより他に見たい選手がいない、ということの裏返しではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る