大山“虎組織票”でセ三塁中間1位…「夢の球宴」は有名無実

公開日: 更新日:

 毎年のことだが……。

 17日、オールスター(7月12日=東京ドーム、13日=甲子園)の最終中間発表が行われた。票数を見て驚いたのは、セ・リーグの三塁手部門。阪神・大山がヤクルト・村上に4万票近い差をつけてトップに立ったのだ。

 成績だけを見たら、大山の打率.262、9本塁打、41打点に対し、村上は打率.234ながらセ3位タイの18本塁打をマーク。52打点に至ってはリーグトップだ。フツーに考えれば、村上が選ばれてしかるべきだが、甲子園開催による「組織票」が大山を後押ししているに違いない。

 村上は監督推薦など、別の形で選出される可能性はあるものの、他の得票数を見ても、セの先発投手部門は3勝6敗の阪神・西がトップで、6勝3敗の広島・大瀬良が僅差ながら2位というのもおかしな話。パも、故障で二軍調整中のソフトバンク・柳田が外野手部門の3位に入っている。ここまでくると、人気があるというより他に見たい選手がいない、ということの裏返しではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る