八村躍進のネックに?ウィザーズ代役PG補強資金はカツカツ

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAのワシントン・ウィザーズに入団する八村塁(21=ゴンザガ大)が順調なスタートを切った。

 本拠地ワシントンでのミニキャンプに参加している八村は26日(日本時間27日)には、5対5の実戦形式の練習で得点を決めるなど、軽快な動きを披露。7月6日開幕のサマーリーグ(ネバダ州ラスベガス)の定位置確保に向け、首脳陣にアピールした。

 コーチから連日、オフェンス、ディフェンスの戦術を叩き込まれている八村は「チームで僕が中心になれるように、どんどん見せていきたい」と、ルーキーイヤーでの定位置取りに意欲を見せた。

 入団1年目にして高額な年俸(約4億9000万円)を手にするため、期待に応えたいとの姿勢がうかがえるが、チームの現状は心もとない。ポイントガード(PG)が人材難だからだ。PGは攻守にわたるチームの司令塔的な存在。試合の流れ、状況などを考慮しながら、試合をつくる「コート上の監督」ともいわれる。八村のポジションであるフォワードへパスを供給する役割もこなし、PGの優劣が勝敗を左右するといっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る