八村は初年からウィザーズ主軸期待 3年後NBA“MVP”の可能性

公開日: 更新日:

 和製スモールフォワード(SF)が世界最高峰の舞台に立つ。

 20日(日本時間21日)のNBAドラフトで、ワシントン・ウィザーズから日本人初の1巡目(全体9位)指名を受けた八村塁(21=米ゴンザガ大)。早ければ、各チームの若手が出場する7月5日開幕のサマーリーグで実戦デビューを果たし、来季に備える。

 トップ10以内で指名を受けた八村は「これからはチームにインパクトを与えるつもりでやる。僕がどれだけできるか楽しみにしている」と、バスケットの本場でのプレーに胸を躍らせた。

 八村が日米のメディアの取材に対し、希望に満ちあふれた表情で応じたのも当然か。

 バスケット専門誌記者はこう言う。

「八村は1年目から起用法に恵まれそうです。2018―19年シーズンがイースタン・カンファレンス11位に終わったウィザーズは今オフ、チーム再建に乗り出すとみられている。長らくチームの顔だったSG(シューティングガード)のビールらの主力を放出、若返りを図る方針だといいます。八村は将来の主軸として期待されており、出場機会は十分に与えられるはずです。チームを率いるスコット・ブルックス・ヘッドコーチ(HC)は若手の育成に定評があり、同HCの下でNBAのキャリアをスタートさせることは、八村にとってプラスになるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る