八村は初年からウィザーズ主軸期待 3年後NBA“MVP”の可能性

公開日: 更新日:

 和製スモールフォワード(SF)が世界最高峰の舞台に立つ。

 20日(日本時間21日)のNBAドラフトで、ワシントン・ウィザーズから日本人初の1巡目(全体9位)指名を受けた八村塁(21=米ゴンザガ大)。早ければ、各チームの若手が出場する7月5日開幕のサマーリーグで実戦デビューを果たし、来季に備える。

 トップ10以内で指名を受けた八村は「これからはチームにインパクトを与えるつもりでやる。僕がどれだけできるか楽しみにしている」と、バスケットの本場でのプレーに胸を躍らせた。

 八村が日米のメディアの取材に対し、希望に満ちあふれた表情で応じたのも当然か。

 バスケット専門誌記者はこう言う。

「八村は1年目から起用法に恵まれそうです。2018―19年シーズンがイースタン・カンファレンス11位に終わったウィザーズは今オフ、チーム再建に乗り出すとみられている。長らくチームの顔だったSG(シューティングガード)のビールらの主力を放出、若返りを図る方針だといいます。八村は将来の主軸として期待されており、出場機会は十分に与えられるはずです。チームを率いるスコット・ブルックス・ヘッドコーチ(HC)は若手の育成に定評があり、同HCの下でNBAのキャリアをスタートさせることは、八村にとってプラスになるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る