八村は初年からウィザーズ主軸期待 3年後NBA“MVP”の可能性

公開日: 更新日:

 和製スモールフォワード(SF)が世界最高峰の舞台に立つ。

 20日(日本時間21日)のNBAドラフトで、ワシントン・ウィザーズから日本人初の1巡目(全体9位)指名を受けた八村塁(21=米ゴンザガ大)。早ければ、各チームの若手が出場する7月5日開幕のサマーリーグで実戦デビューを果たし、来季に備える。

 トップ10以内で指名を受けた八村は「これからはチームにインパクトを与えるつもりでやる。僕がどれだけできるか楽しみにしている」と、バスケットの本場でのプレーに胸を躍らせた。

 八村が日米のメディアの取材に対し、希望に満ちあふれた表情で応じたのも当然か。

 バスケット専門誌記者はこう言う。

「八村は1年目から起用法に恵まれそうです。2018―19年シーズンがイースタン・カンファレンス11位に終わったウィザーズは今オフ、チーム再建に乗り出すとみられている。長らくチームの顔だったSG(シューティングガード)のビールらの主力を放出、若返りを図る方針だといいます。八村は将来の主軸として期待されており、出場機会は十分に与えられるはずです。チームを率いるスコット・ブルックス・ヘッドコーチ(HC)は若手の育成に定評があり、同HCの下でNBAのキャリアをスタートさせることは、八村にとってプラスになるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる