ウィザーズ八村塁のバスケW杯代表招集を阻む「3つの障壁」

公開日: 更新日:

 NBAプレーヤーが、日本でベールを脱ぐ。

 日本協会は昨25日、W杯(8月31日開幕=中国)に向け、8月に強化試合を行うと発表。フリオ・ラマス・ヘッドコーチ(HC)の方針の下、8月12日のニュージーランド(世界ランキング38位)戦、同22日のアルゼンチン(同5位)戦など、いずれも強豪相手に4試合を行うほか、W杯出場国との練習試合を含めて最大で4試合実施する。

 先のNBAドラフトで日本人初の1巡目指名を受けた八村塁(21=ワシントン・ウィザーズ)、昨季、メンフィス・グリズリーズでプレーした渡辺雄太(24=顔写真)らのNBA組の出場も見込まれる。

 注目の八村の招集について日本協会の東野智弥技術委員長は、すでにウィザーズ関係者や代理人と調整しているとしながら「100%ではない」と言葉を濁した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    専門家に聞いた 首都圏・大阪のタワマン“水没危険”エリア

  10. 10

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る