日ハム吉田輝星 球宴後も一軍で生き残るための3つの課題

公開日: 更新日:

 2試合を投げて1勝1敗の日本ハム吉田輝星(18)。3試合目となる次戦の登板は最短で7月4日の西武戦(札幌ドーム)となる。チームはエース格の上沢が故障離脱した一方、巨人とのトレードで左腕の吉川を戻した。助っ人のマルティネスも復帰に向けてリハビリを重ねている。

 そんな先発陣の中で、吉田が球宴後も一軍で投げ続けるための課題は3つある。

「真っすぐ主体で押された方が嫌だった」

 去る23日、中日相手に3回5失点で降板した試合後、中日ナインからこんな声が聞かれた。

 中日は、吉田が5回1失点で勝利を挙げた広島戦のデータをもとに対策を練った。中日が広島戦で8割を占めた直球を狙いにくることは明確だったが、初回に平田と京田に連打を浴び、大島に四球。無死満塁でビシエドを迎えてからは変化球が増えた。中日のある選手が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  6. 6

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る