大谷は打撃好調もエ軍はWC圏内ギリギリ…PO進出のカギは?

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)の調子が上がってきた。

 日本時間4日のレンジャーズ戦では今季初の1試合2二塁打を放ち、「球の見極めも良かったし、打ちにいった球に対する反応も良かった。ああいった打球を多く打っていれば、本塁打も増えていくと思う」と自画自賛。直近10試合では33打数16安打、3本塁打。打率は3割1分までアップした。

 本人は3日前に亡くなった同僚のタイラー・スキャッグス投手の「墓前にチャンピオンリングを持っていけたら」とも話している。

 同5日現在、エンゼルスは44勝44敗で西地区4位。ワイルドカードによるプレーオフ出場圏内まで5ゲーム差だから、その可能性がないわけではない。

 カギはプレーオフ進出がかかる9月最後の15試合をどう戦うかではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る