朝乃山“四つ相撲”で大関横綱に2勝3敗 あるか年内大関とり

公開日: 更新日:

 盤石の相撲で大関を下した。

 3連敗中の朝乃山(25)は昨11日、栃ノ心と対戦。ヒザのケガで不調にあえいでいる相手とはいえ、立ち合いで左上手を取ると、渾身の右四つで寄り切った。

 この日で初日から続いた大関横綱5連戦が終了。初日の豪栄道と栃ノ心に勝ち、2勝3敗という結果となった。

 3敗した白鵬、鶴竜、高安にも善戦。角界では「大関横綱を狙える」という素質の片りんを見せつけた。

 朝乃山がそれだけ期待されているのは、四つ相撲ということも大きい。

 押し相撲の力士は一発がある半面、安定性に欠ける。昨年の7月場所で初優勝した御嶽海は、その後、2ケタ勝利はない。貴景勝は「押し相撲だけで横綱になった力士はいない」というジンクスを破れるか期待されながら、ケガで今場所を休場。再出場の意思はなく、関脇転落が決定している。

 右四つなら上位力士とも互角以上に渡り合える朝乃山。年内にも大関とりの足掛かりくらいはつくっているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  7. 7

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る