朝乃山は横綱白鵬に完敗…それでも得られた正攻法での収穫

公開日: 更新日:

 最強横綱と先場所V力士が激突した。

 8日、結びの一番は横綱白鵬(34)vs 朝乃山(25)。先場所、初賜杯を抱いた朝乃山が、白鵬にどう立ち向かうかが注目された。

 ともに右の相四つ。まず、白鵬は朝乃山の左上手を立ち合いで即座に取った。朝乃山も上手を探るが届かず、右下手のみ。そこから両者、土俵中央で膠着状態となった。最後は朝乃山が前に出ようとしたところを、白鵬が「待ってました」とばかりに上手投げ。相手の力を利用した形になった。

 組めば無敵といわれた白鵬を、攻めあぐねさせた朝乃山の粘り――とみる向きもあろう。だが、ある親方は「白鵬の余裕が垣間見えた」と、こう続ける。

「白鵬にすれば、左上手を取った時点で、どうとでも料理できる。膠着状態はむしろ、白鵬が『さあ、おまえはここからどうする?』と言ってるように見えた。足を掛けて誘いをかけたのも、そのひとつでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る