朝乃山は横綱白鵬に完敗…それでも得られた正攻法での収穫

公開日: 更新日:

 最強横綱と先場所V力士が激突した。

 8日、結びの一番は横綱白鵬(34)vs 朝乃山(25)。先場所、初賜杯を抱いた朝乃山が、白鵬にどう立ち向かうかが注目された。

 ともに右の相四つ。まず、白鵬は朝乃山の左上手を立ち合いで即座に取った。朝乃山も上手を探るが届かず、右下手のみ。そこから両者、土俵中央で膠着状態となった。最後は朝乃山が前に出ようとしたところを、白鵬が「待ってました」とばかりに上手投げ。相手の力を利用した形になった。

 組めば無敵といわれた白鵬を、攻めあぐねさせた朝乃山の粘り――とみる向きもあろう。だが、ある親方は「白鵬の余裕が垣間見えた」と、こう続ける。

「白鵬にすれば、左上手を取った時点で、どうとでも料理できる。膠着状態はむしろ、白鵬が『さあ、おまえはここからどうする?』と言ってるように見えた。足を掛けて誘いをかけたのも、そのひとつでしょう」

 だからといって、朝乃山が株を下げたわけではない。そもそも、朝乃山は今場所の前頭筆頭が最高位。上位力士と軒並み当たる経験は初めてで、分が悪いのは当然だ。それでも「(白鵬の)左上手を一瞬さわったけど……」と話したように、真正面から横綱とぶつかりながら、「前に出て形をつくる」という自分の相撲を貫いた。多くの力士が初めての結びの一番でガチガチになる中、「楽しかった」と言ってのけた豪胆さもある。

「まだまだ朝乃山は白鵬に及ぶところではないが、白鵬に正攻法でぶつかっていったのだから大したもの。もし、立ち合いで白鵬が左上手を取れなかったら、まさかの展開もあったかもしれない」(前出の親方)

 この1敗が、朝乃山をさらに大きくする。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか