朝乃山は横綱白鵬に完敗…それでも得られた正攻法での収穫

公開日: 更新日:

 最強横綱と先場所V力士が激突した。

 8日、結びの一番は横綱白鵬(34)vs 朝乃山(25)。先場所、初賜杯を抱いた朝乃山が、白鵬にどう立ち向かうかが注目された。

 ともに右の相四つ。まず、白鵬は朝乃山の左上手を立ち合いで即座に取った。朝乃山も上手を探るが届かず、右下手のみ。そこから両者、土俵中央で膠着状態となった。最後は朝乃山が前に出ようとしたところを、白鵬が「待ってました」とばかりに上手投げ。相手の力を利用した形になった。

 組めば無敵といわれた白鵬を、攻めあぐねさせた朝乃山の粘り――とみる向きもあろう。だが、ある親方は「白鵬の余裕が垣間見えた」と、こう続ける。

「白鵬にすれば、左上手を取った時点で、どうとでも料理できる。膠着状態はむしろ、白鵬が『さあ、おまえはここからどうする?』と言ってるように見えた。足を掛けて誘いをかけたのも、そのひとつでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  9. 9

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る