朝乃山不発で3連敗も…上位陣の“包囲網”は認められた証し

公開日: 更新日:

 またもや不完全燃焼だった。

 先場所で初賜杯を抱いた朝乃山(25)が、2日目から3連敗。10日は大関高安の下手出し投げで土俵に転がされた。

 これで1勝3敗。初日から大関横綱戦が続くのは自身初とあれば、この成績も無理はない。何より、朝乃山は得意の左上手を、今場所はまだ一度もまともに取らせてもらっていないのだ。

 朝乃山は右四つで左上手を取ってこそ力を発揮するタイプだが、かろうじて「上手を取れた」と言えるのは初日の豪栄道戦のみ。勝ったからいいものの、すぐにまわしを切られている。

 ある親方は「それだけ上位陣に警戒されている」と、こう続ける。

「朝乃山は、前に出る圧力、馬力は目を見張るものがある。まわしを取られたら、それこそ横綱大関ですら危うい。だからこそ、彼らはいかに朝乃山に上手を取らせないかを徹底している。豪栄道は途中で左上手を取られたとはいえ、立ち合いでは警戒していた。2日目の白鵬も立ち合いで自身の右を固め、その後も巧妙な立ち回りで朝乃山の左上手を封じた。鶴竜に至っては、まともにぶつかることを避けていたくらいです。高安の勝因も、右四つにはなられても左上手を与えなかったことに尽きる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る