朝乃山不発で3連敗も…上位陣の“包囲網”は認められた証し

公開日: 更新日:

 またもや不完全燃焼だった。

 先場所で初賜杯を抱いた朝乃山(25)が、2日目から3連敗。10日は大関高安の下手出し投げで土俵に転がされた。

 これで1勝3敗。初日から大関横綱戦が続くのは自身初とあれば、この成績も無理はない。何より、朝乃山は得意の左上手を、今場所はまだ一度もまともに取らせてもらっていないのだ。

 朝乃山は右四つで左上手を取ってこそ力を発揮するタイプだが、かろうじて「上手を取れた」と言えるのは初日の豪栄道戦のみ。勝ったからいいものの、すぐにまわしを切られている。

 ある親方は「それだけ上位陣に警戒されている」と、こう続ける。

「朝乃山は、前に出る圧力、馬力は目を見張るものがある。まわしを取られたら、それこそ横綱大関ですら危うい。だからこそ、彼らはいかに朝乃山に上手を取らせないかを徹底している。豪栄道は途中で左上手を取られたとはいえ、立ち合いでは警戒していた。2日目の白鵬も立ち合いで自身の右を固め、その後も巧妙な立ち回りで朝乃山の左上手を封じた。鶴竜に至っては、まともにぶつかることを避けていたくらいです。高安の勝因も、右四つにはなられても左上手を与えなかったことに尽きる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった