朝乃山不発で3連敗も…上位陣の“包囲網”は認められた証し

公開日: 更新日:

 またもや不完全燃焼だった。

 先場所で初賜杯を抱いた朝乃山(25)が、2日目から3連敗。10日は大関高安の下手出し投げで土俵に転がされた。

 これで1勝3敗。初日から大関横綱戦が続くのは自身初とあれば、この成績も無理はない。何より、朝乃山は得意の左上手を、今場所はまだ一度もまともに取らせてもらっていないのだ。

 朝乃山は右四つで左上手を取ってこそ力を発揮するタイプだが、かろうじて「上手を取れた」と言えるのは初日の豪栄道戦のみ。勝ったからいいものの、すぐにまわしを切られている。

 ある親方は「それだけ上位陣に警戒されている」と、こう続ける。

「朝乃山は、前に出る圧力、馬力は目を見張るものがある。まわしを取られたら、それこそ横綱大関ですら危うい。だからこそ、彼らはいかに朝乃山に上手を取らせないかを徹底している。豪栄道は途中で左上手を取られたとはいえ、立ち合いでは警戒していた。2日目の白鵬も立ち合いで自身の右を固め、その後も巧妙な立ち回りで朝乃山の左上手を封じた。鶴竜に至っては、まともにぶつかることを避けていたくらいです。高安の勝因も、右四つにはなられても左上手を与えなかったことに尽きる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る