デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

公開日: 更新日:

 9人目の助っ人外国人がベールを脱いだ。

 巨人のルビー・デラロサ(30=ダイヤモンドバックス傘下3Aリノ)が15日のヤクルト戦で一軍デビュー。先月27日に途中入団したばかりの右腕は七回からマウンドに上がり、3安打を打たれたものの、最速157キロで無失点に抑え、「大勢のファンの中で投げられてうれしいし、楽しむことができた。素晴らしい環境で野球ができることに感謝したい」とコメントした。

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「初登板で今後を占うのは難しいが、良くも悪くもまとまっている印象を受けた。打たれた3本の安打は、148キロの真っすぐ、146キロの真っすぐ、決め球といわれる129キロのスライダー。初対戦のヤクルト打者にいずれもジャストミートされたのは気になるところです。力を入れた球は157キロをマークしたが、投球フォームもコントロールもまとまっているから、打者は打ちにくさ、怖さは感じなかったのではないか。リリーフ陣の絶対的な存在になれるという迫力は、少なくともこの日の投球では感じられなかった。それでも、デラロサは最速159キロという触れ込みです。今後、さらにスピードが上がってくれば、勝ちパターンを任せられるようにはなるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る