世界選手権最終戦WGC 松山&今平が3打差2位Tの好発進

公開日: 更新日:

【WBGフェデックス・セントジュード招待】初日

 今季の世界ゴルフ選手権最終戦、WGCフェデックス・セントジュード招待初日は25日、テネシー州のTPCサウスウインド(7237ヤード・パー70)で開催された。

 前週の全英オープンで屈辱の予選落ちした松山英樹が、5アンダー(7バーディー、2ボギー)で回り、首位と3打差の2位タイで初日を終えた。

 2位タイには日本から出場の今平周吾、米国のP・キャントレー、B・ワトソン、オーストラリアのC・スミスがつける。首位は8アンダーをマークしたスペインのJ・ラーム。

 松山は前半2番から3連続、後半10番から2連続とバーディーが先行。その後は2ボギーもあったが、16番からの上がり3ホールで2バーディーと好調さを見せた。

 ほかに日本から出場の市原弘大は1オーバー45位タイ、堀川未来夢は5オーバー60位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る