石川遼が3年ぶりVも 女子人気に及ばぬ国内男子ツアーの惨状

公開日: 更新日:

「(前回の優勝から)本当に長かったなと思う。10代の頃からは体も変わった。年月が経ったにもかかわらず、自分の体に対して傲慢さがあったというか、甘く見ていたところがあった。今年、(中日クラウンズで)初めて棄権をしたことが自分自身ショックだった。そこから2カ月ぐらいしか経ってないが、いいトレーニングを積めて、日本プロで勝てることができた」

 石川遼(27)は2016年以来、3年ぶりのツアー優勝に涙を浮かべながらこう言った。

 初日が悪天候で中止になり、最終日は36ホール消化となった。第3ラウンドは通算10アンダーの首位タイからスタートし、トップと4打差の通算9アンダー、6位タイに後退してホールアウト。第4ラウンドは18番(パー5)でバーディーを奪い66。通算13アンダーで並んだ黄重坤とのプレーオフ(18番)に突入し、1ホール目に4メートルのイーグルパットを沈めて決着をつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  8. 8

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  9. 9

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る