プロ2号で猛打賞の広島小園 今季HR10本でも来季年俸ジリ貧

公開日: 更新日:

 成績は年俸に反映されてしかるべきだがココは例外か。

 広島ドラフト1位・小園海斗(19)が28日のヤクルト戦に「8番・遊撃」でスタメン出場。2点リードの三回2死二塁から、ヤクルトの2番手、大下の初球カーブを右翼席に運ぶプロ2号。「浮いてきたボールを上からしっかりたたくことができた」というルーキーは、この2ランを含む3安打の猛打賞と気を吐いた。

 小園は26日もプロ初アーチを放ち、5打数4安打4打点の固め打ち。九回に三塁打が出ればサイクルヒットだったが、惜しくも二塁打に終わった。ここまで16試合で打率.308、2本塁打、6打点は立派。広島の高卒新人では19年ぶりの開幕一軍入りを果たし、この日は同新人では52年ぶりの2号アーチと数々の話題も提供。今季、最も注目される高卒ルーキーといっても過言ではない。


 しかし、入った球団が悪かった。広島は、「3年活躍してやっと一人前」といわれるほど、年俸査定がシビアな球団だ。例えば、4番を打つ鈴木誠也(二松学舎大付高から2012年ドラフト2位入団)も、年俸600万円の1年目は11試合に出場(12打数1安打)し、50万円増。2年目は36試合、打率.344(64打数22安打)、1本塁打、7打点でたったの250万円しかアップせず、3年目は97試合、同.275、5本、25打点でも1700万円という低評価だった。

 ちなみに小園の今季年俸は800万円。この先ホームランを10本打っても、サイクル安打を記録しても、いまだに二軍にいる中日のドラ1根尾昂の年俸(1500万円)は抜けないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚