プロ2号で猛打賞の広島小園 今季HR10本でも来季年俸ジリ貧

公開日: 更新日:

 成績は年俸に反映されてしかるべきだがココは例外か。

 広島ドラフト1位・小園海斗(19)が28日のヤクルト戦に「8番・遊撃」でスタメン出場。2点リードの三回2死二塁から、ヤクルトの2番手、大下の初球カーブを右翼席に運ぶプロ2号。「浮いてきたボールを上からしっかりたたくことができた」というルーキーは、この2ランを含む3安打の猛打賞と気を吐いた。

 小園は26日もプロ初アーチを放ち、5打数4安打4打点の固め打ち。九回に三塁打が出ればサイクルヒットだったが、惜しくも二塁打に終わった。ここまで16試合で打率.308、2本塁打、6打点は立派。広島の高卒新人では19年ぶりの開幕一軍入りを果たし、この日は同新人では52年ぶりの2号アーチと数々の話題も提供。今季、最も注目される高卒ルーキーといっても過言ではない。


 しかし、入った球団が悪かった。広島は、「3年活躍してやっと一人前」といわれるほど、年俸査定がシビアな球団だ。例えば、4番を打つ鈴木誠也(二松学舎大付高から2012年ドラフト2位入団)も、年俸600万円の1年目は11試合に出場(12打数1安打)し、50万円増。2年目は36試合、打率.344(64打数22安打)、1本塁打、7打点でたったの250万円しかアップせず、3年目は97試合、同.275、5本、25打点でも1700万円という低評価だった。

 ちなみに小園の今季年俸は800万円。この先ホームランを10本打っても、サイクル安打を記録しても、いまだに二軍にいる中日のドラ1根尾昂の年俸(1500万円)は抜けないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る