選手殴った広島・緒方監督は厳重注意 プロ野球の時代錯誤

公開日: 更新日:

「昔はよく聞いたが、今のプロ野球界でもまだこんなことが行われているとは信じられませんね」

 呆れ顔でこう語るのは、プロ野球に関する著書もある工藤健策氏(スポーツライター)だ。

 今週発売の「週刊新潮」が報じて明るみに出た広島緒方監督の野間に対する暴力行為。広島は24日、緒方監督を7月15日付で厳重注意処分としたことを発表した。

 広島といえば、12球団で最も練習が厳しいだけでなく、かつてはコーチ、監督の暴力指導は当たり前。練習や試合中の鉄拳や足蹴りの他に、選手は合宿所でも殴られていた時代があった。緒方監督は今回、野間の怠慢走塁に怒り、複数回たたいたそうだが、佐賀県の鳥栖高から1986年のドラフトで広島入りした監督自身も、“洗礼”を受けて育ったひとりではないか。だから、選手を殴ることへの抵抗感がないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る