緒方監督の暴力発覚 去就次第で広島選手にとってプラスに

公開日: 更新日:

 連敗の陰で鉄拳が飛んでいた。

 24日、広島は15日付で緒方孝市監督(50)を厳重注意処分としていたことを発表した。事の発端は6月30日のDeNA戦。延長十一回、1死走者なしの場面で打席に立った野間峻祥(26)がポップフライを打ち上げ、その打球を投手のエスコバーが落球。しかし野間は全力疾走を怠ってあっさりアウトになり、試合は引き分けに終わった。この怠慢プレーに指揮官は激怒。試合後、監督室に呼び出した野間を平手で複数回殴ったという。

 広島ナインは全力疾走が体に染み込んでいる。他球団では助っ人やベテランが加減して走る見慣れた光景だが、広島ではバティスタも全力疾走を欠かさない。

 そんな伝統の野球スタイルを貫く緒方監督は、懲罰采配も辞さない。今回鉄拳を食らった野間が今年3月、二軍開幕戦で本塁を踏み忘れてアウトになったことに激怒し、一軍合流を取り消し。さらに、先月には初回で5失点を喫した野村を1イニングで降板させ、即二軍行きを通達した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る