緒方監督の暴力発覚 去就次第で広島選手にとってプラスに

公開日: 更新日:

 連敗の陰で鉄拳が飛んでいた。

 24日、広島は15日付で緒方孝市監督(50)を厳重注意処分としていたことを発表した。事の発端は6月30日のDeNA戦。延長十一回、1死走者なしの場面で打席に立った野間峻祥(26)がポップフライを打ち上げ、その打球を投手のエスコバーが落球。しかし野間は全力疾走を怠ってあっさりアウトになり、試合は引き分けに終わった。この怠慢プレーに指揮官は激怒。試合後、監督室に呼び出した野間を平手で複数回殴ったという。

 広島ナインは全力疾走が体に染み込んでいる。他球団では助っ人やベテランが加減して走る見慣れた光景だが、広島ではバティスタも全力疾走を欠かさない。

 そんな伝統の野球スタイルを貫く緒方監督は、懲罰采配も辞さない。今回鉄拳を食らった野間が今年3月、二軍開幕戦で本塁を踏み忘れてアウトになったことに激怒し、一軍合流を取り消し。さらに、先月には初回で5失点を喫した野村を1イニングで降板させ、即二軍行きを通達した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る