緒方監督の暴力発覚 去就次第で広島選手にとってプラスに

公開日: 更新日:

 連敗の陰で鉄拳が飛んでいた。

 24日、広島は15日付で緒方孝市監督(50)を厳重注意処分としていたことを発表した。事の発端は6月30日のDeNA戦。延長十一回、1死走者なしの場面で打席に立った野間峻祥(26)がポップフライを打ち上げ、その打球を投手のエスコバーが落球。しかし野間は全力疾走を怠ってあっさりアウトになり、試合は引き分けに終わった。この怠慢プレーに指揮官は激怒。試合後、監督室に呼び出した野間を平手で複数回殴ったという。

 広島ナインは全力疾走が体に染み込んでいる。他球団では助っ人やベテランが加減して走る見慣れた光景だが、広島ではバティスタも全力疾走を欠かさない。

 そんな伝統の野球スタイルを貫く緒方監督は、懲罰采配も辞さない。今回鉄拳を食らった野間が今年3月、二軍開幕戦で本塁を踏み忘れてアウトになったことに激怒し、一軍合流を取り消し。さらに、先月には初回で5失点を喫した野村を1イニングで降板させ、即二軍行きを通達した。

「他球団に比べても若い選手が多い広島で、時代遅れのパワハラ采配をしているため、求心力はガタ落ち。連敗中、選手にチームの雰囲気を聞くと必ず『選手同士“は”雰囲気悪くはないですよ』と言う。監督は試合前の練習中も選手と話すことは少なく、外野から練習風景を見ているのがおなじみの光景です」(放送局関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    竹田麗央「全米女子プロ」欠場のバカバカしさ 「出てみたい」のは国内最高賞金大会だって

    竹田麗央「全米女子プロ」欠場のバカバカしさ 「出てみたい」のは国内最高賞金大会だって

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  1. 6
    G戸郷 高校時代にその名を轟かせた遠投大会117mの鉄砲肩

    G戸郷 高校時代にその名を轟かせた遠投大会117mの鉄砲肩

  2. 7
    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

  3. 8
    貴景勝が元大関・北天佑の次女と婚約 4歳年上の元モデル

    貴景勝が元大関・北天佑の次女と婚約 4歳年上の元モデル

  4. 9
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  5. 10
    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」