阪神の佐々木密着はダミー? ドラ1大本命は星稜・奥川か

公開日: 更新日:

 高校四天王が揃い踏みした21日の高校野球。石川・星稜の奥川恭伸(3年)がリリーフ登板し、自己最速を更新する158キロを2度マークした石川県立球場では、阪神西武のスカウトが熱視線を送っていた。

 阪神はこの奥川に熱心だという。

 大船渡の佐々木はすでに、日本ハムが1位指名を公言するなど、複数球団による競合が確実視されているが、佐々木を回避し、2番手クラスの奥川や明大の森下、JFE西日本の河野の指名をもくろむ球団が阪神だという。

 阪神は一方で佐々木に対しても密着マークを続けている。岩手大会予選の初戦に12球団で唯一、視察に訪れ、和田TAを含む3人態勢だった。

「今季の佐々木の登板状況を見れば、公式戦で1勝もしたことがない遠野緑峰相手に登板したとしても、全力で投げることはあり得ない。そんな試合を見ても、何の参考にもならないことくらいは、阪神とて分かっているはず。あえて密着するのは、むしろ、奥川を一本釣りしたいがためのダミーじゃないか」

 とは、在京球団スカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る