阪神・藤浪8.1中日戦で一軍復帰へ プロ生き残りへ正念場

公開日: 更新日:

 いよいよ待ったナシだ。

 阪神藤浪晋太郎(25)が8月1日の中日戦(甲子園)で一軍復帰する可能性があるという。

 去る26日に中日との二軍戦(甲子園)に先発。大阪桐蔭の後輩である根尾を3タコに封じるなど、6回6安打2失点。二軍では8試合に先発し、1勝3敗、防御率1.88。7月6日のヤクルト戦では6回3失点も6与四死球。課題の制球難が根治したとはいいがたいが、チームはメッセンジャーが右肩の治療のために米国へ帰国。28日の巨人戦に先発した岩田が3回9失点でKOされながら、先発投手のコマ不足で次回も一軍で登板するという。復調を慎重に見守ってきた首脳陣も、藤浪の手を借りざるを得ないのだろう。

 本人にとっても正念場だ。

「3月12日の中日とのオープン戦で二軍落ちしてから4カ月半が経過。二軍の選手相手に見下ろして投げる分にはまだしも、一軍はお客さんの数はもちろん、プレッシャーの度合いは全く違う。強烈なヤジも飛ぶ。復帰戦で好投すれば自信になるが、逆に大崩れしようものなら、これだけ時間をかけたのにやっぱりダメだと失格の烙印を押されかねない。それくらい大事な試合といえます」

 とは、阪神OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る