伸び悩む4位阪神 周囲も危惧するベンチと選手の危うい関係

公開日: 更新日:

 試合前から甲子園が沸いた。

 23日のDeNA戦で鳥谷敬(38)が「7番・遊撃」で100日ぶりのスタメン復帰を果たせば、両ふくらはぎを痛めて二軍調整を続けていた福留孝介(42)も「5番・左翼」で一軍昇格即先発出場。根強い人気を誇るベテラン2人が起点となって先制点を挙げ、続く六回には37歳の3番・糸井嘉男の適時二塁打でリードを広げるという展開にスタンドは大いに盛り上がったが、それでも勝てなかった。

「正直、チームの雰囲気はあまり良くない」

 と、さる阪神OBがこう続ける。

「一部首脳陣と選手の関係がうまくいっていないのです。選手に話を聞くと、かなりケチョンケチョン。その手腕を高く評価する球団や監督の話とはあまりに温度差があって、ちょっとビックリするくらい。以前から、上の人間にはこれでもかとゴマをすりながら、選手にはやたらと高圧的で特に若手選手に対しては汚い言葉で面罵することもあると聞いてはいたが、チーム状態が上向かないことで、それに拍車が掛かっているらしい。萎縮する若手の姿を見てカンカンになっているベテランもいる。『上には弱く下には強い典型的なサラリーマンコーチ』と散々な言われようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る