恒例!夏の甲子園完全予想 初戦で「散る高校・残る高校」

公開日: 更新日:

 第101回全国高校野球選手権大会が6日に開幕する。注目の最速163キロ右腕、大船渡(岩手)佐々木朗希(3年)ら「高校ビッグ4」の3投手は地方大会で敗退したものの、最後の一角、158キロ右腕・奥川恭伸(3年)を擁し、県勢初の全国制覇を狙う星稜(石川)は4季連続で出場する。大会は6日から準々決勝、準決勝の各翌日の休養日2日を含む16日間。初戦(1、2回戦)24試合を占った。

▼第1日=6日

 第1試合は青森大会6試合で15本塁打、チーム打率.425を誇る猛打の八戸学院光星が初出場の誉を倒す。誉は全国最多の188校の愛知大会で愛工大名電、中京大中京などの強豪校を倒して初出場を決めたが、相手が悪かった。第2試合は神村学園が佐賀北に勝つ。12年前に全国制覇を達成した佐賀北は「がばい旋風」を巻き起こした当時のエース・久保監督が率いるが、今回は初戦で涙をのみそうだ。第3試合は3年連続出場で経験豊富な上位打線がチームを牽引する高岡商が石見智翠館を下す。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  4. 4

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  7. 7

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る