この夏は「凶作」とスカウト嘆き 中国・四国は逸材1人のみ

公開日: 更新日:

「夏の甲子園は、不作も不作。いや、不作を通り越して、凶作だな」

 セ・リーグのあるスカウトが、こう言ってタメ息をついた。

「四天王」といわれるドラフトの目玉投手4人のうち、甲子園に駒を進めたのは奥川(星稜)ひとり。佐々木(大船渡)も及川(横浜)も西(創志学園)も地方大会で姿を消した。

 加えて「甲子園に出てくれば、投手でドラフト上位候補の井上(日大三)や落合(和歌山東)なんかを自分の目でチェックすることもできたんだけど……。野手にしても上位候補の多くが地方大会で負けちゃったからね。特にヒドいのが中国と四国。ウチのリストに名前が載っていて、なおかつ甲子園に出てくる選手は1人しかいないんだから。中国と四国を合わせて9校出るのに、チェックすべき選手が1人だよ、1人。今年の夏は担当が見落とした掘り出し物を探すしかないのかなぁ」と、前出のスカウトはボヤくのだ。

 野球はチームスポーツだ。プロ注目の選手がいるからといって勝てるとは限らない。しかし、中国、四国地方にプロ注目の「逸材」がほとんどいないことをアタマに入れておけば、「こんなにスゴいピッチャーがいるとは知らなかった」などと、じだんだを踏んで悔しがらずに済みそうだが――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る