この夏は「凶作」とスカウト嘆き 中国・四国は逸材1人のみ

公開日: 更新日:

「夏の甲子園は、不作も不作。いや、不作を通り越して、凶作だな」

 セ・リーグのあるスカウトが、こう言ってタメ息をついた。

「四天王」といわれるドラフトの目玉投手4人のうち、甲子園に駒を進めたのは奥川(星稜)ひとり。佐々木(大船渡)も及川(横浜)も西(創志学園)も地方大会で姿を消した。

 加えて「甲子園に出てくれば、投手でドラフト上位候補の井上(日大三)や落合(和歌山東)なんかを自分の目でチェックすることもできたんだけど……。野手にしても上位候補の多くが地方大会で負けちゃったからね。特にヒドいのが中国と四国。ウチのリストに名前が載っていて、なおかつ甲子園に出てくる選手は1人しかいないんだから。中国と四国を合わせて9校出るのに、チェックすべき選手が1人だよ、1人。今年の夏は担当が見落とした掘り出し物を探すしかないのかなぁ」と、前出のスカウトはボヤくのだ。

 野球はチームスポーツだ。プロ注目の選手がいるからといって勝てるとは限らない。しかし、中国、四国地方にプロ注目の「逸材」がほとんどいないことをアタマに入れておけば、「こんなにスゴいピッチャーがいるとは知らなかった」などと、じだんだを踏んで悔しがらずに済みそうだが――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る