ついに0.5差…巨人岡本は4番降格どころかスタメン落ちも

公開日: 更新日:

 肉薄だ。巨人が4日の試合にも敗れて首位攻防戦3連敗。最大で10.5あった2位DeNAとのゲーム差がついに0.5にまで縮まった。

 チーム関係者は、「敗因は4番」と断じる。この日、3タコ3三振に終わった岡本和真(23)である。いずれも、走者を置いた場面でことごとくバットが空を切った。特に1点ビハインドの五回2死満塁、七回2死二、三塁の場面で三振に倒れた際には、原監督の表情が明らかに険しさを増していた。

「前日の2戦目こそ13試合ぶりの一発を含む2安打3打点と4番の働きをしたものの、7月に入ってからは不振に陥っている(7月の月間成績は打率.256、2本塁打、9打点)。7月末には一時的に4番を外された。打順降格はすでに今季3度目(8試合)です。原監督は4番を代えることに躊躇しない。この日は守備でも緩慢なプレーがあった。打順降格どころか、スタメン落ちもあるかもしれません」(前出のチーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  7. 7

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  8. 8

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る