ついに0.5差…巨人岡本は4番降格どころかスタメン落ちも

公開日: 更新日:

 肉薄だ。巨人が4日の試合にも敗れて首位攻防戦3連敗。最大で10.5あった2位DeNAとのゲーム差がついに0.5にまで縮まった。

 チーム関係者は、「敗因は4番」と断じる。この日、3タコ3三振に終わった岡本和真(23)である。いずれも、走者を置いた場面でことごとくバットが空を切った。特に1点ビハインドの五回2死満塁、七回2死二、三塁の場面で三振に倒れた際には、原監督の表情が明らかに険しさを増していた。

「前日の2戦目こそ13試合ぶりの一発を含む2安打3打点と4番の働きをしたものの、7月に入ってからは不振に陥っている(7月の月間成績は打率.256、2本塁打、9打点)。7月末には一時的に4番を外された。打順降格はすでに今季3度目(8試合)です。原監督は4番を代えることに躊躇しない。この日は守備でも緩慢なプレーがあった。打順降格どころか、スタメン落ちもあるかもしれません」(前出のチーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る