“補強マニア”原監督の思惑外れ…巨人を悩ます深刻な投手難

公開日: 更新日:

 巨人のドラフト1位ルーキー高橋優貴(22=八戸学院大)が7月31日、広島打線にKOされた。

 初回、いきなり先頭の西川、2番の菊池涼に2者連続本塁打を浴びて2点を失った。三回には1死で菊池涼、バティスタに2者連続四球を与え、一、二塁。4番・鈴木に左前へ適時打を浴びて3点目を失うと、早々と交代を告げられた。

 2回3分の1を56球4安打3失点2四球。前回登板のDeNA戦は2回3分の2で降板したが、さらに早いプロ最短でのKOとなった。

 プロ野球の今季中のトレードと新たな契約が可能な期間がこの日、終了した。

 オフに大補強を敢行した巨人は、開幕後も動いた。6月下旬にデラロサを緊急補強。鍵谷、藤岡、古川の3投手をトレードで獲得した。26日には育成の堀岡と支配下契約。どちらかというと、課題であるリリーフ陣の補強が狙いだった。試合前までチーム防御率は3.75でリーグ4位。ただ、先発陣は3.60で同1位。救援陣は4.00で同ワースト2位。先発とリリーフの差ははっきり数字に表れているが、実際は先発陣も苦しい。層が薄いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る