ヤクルトに連敗…巨人の“カモられ戦犯”は捕手かベンチか

公開日: 更新日:

 1―8で最下位のヤクルトに連敗を喫した25日の試合、巨人はまたこの男に手痛い一発を食らった。五回に、前打席で2点適時打を打たれた4番のバレンティンに4試合連続となる20号ソロを被弾。ダメを押された一発は実に、今季の巨人がバレンティンに浴びた8本目の本塁打である。

「同じ選手に同じように打たれるのは、捕手がバカかベンチがアホか」

 ヤクルト監督時代、ノムさんこと野村克也氏はそう自虐的に言っていたものだが、今年の巨人は特定の選手にやたらと打たれている。

 ヤクルトでは山田哲人にも5本、広島のバティスタには6本、鈴木誠也には5本、DeNAのロペスにも5本とバレンティンも含め、いずれも球団別最多の被本塁打を許しているのだ。

 試合後の原監督は、二回に4連続四球から5点を失った先発のヤングマンを「使った私が悪いのよ。チームに迷惑をかけた。あれじゃあ、フォローはできないよね」と責めたが、ノムさんが言うように、バレンティンにカモにされる原因は捕手にあるのかベンチにあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る